天国の門

745 :名無しさん@おーぷん :2014/06/05(木)00:44:13 ID:uB7zvVyrHあるところに天国の門があった。そして、その前に天国の門の門番がいた。そこにA、B、Cの三人が来た。門番はAにきいた。門番「何故お前は死んだんだ?」Aは答えた。A「私は仕事を終え、家に帰ると部屋が荒らされており、奥の部屋で妻が殺害されていました。そして、ふと、ベランダを見ると、見知らぬ男がベランダに掴まっており、こっちの部屋に入ろうとしてきた

天国の掟

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 21:04:20.89 ID:nhwM0+/h03人の女性が事故で昇天した。天国に行くと、3人は門番のセントピーターから「天国には一つだけ掟があります。アヒルを踏んではいけない、ということです」と注意をうけて中に入った。案の定、いたる所にアヒルがいた。とてもアヒルを踏まずには歩けないほどだった。細心の注意を払いながらも、3人の一人がついうっかり一羽のアヒルを

保野田の復讐

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/30(金) 05:22:34.26 ID:laAfHpftO俺の名前、保野田(ホノダ)って言うんだけど、この名前のせいで子供のときから「ホモだ!ホモだ!」って言っていじめられ続けた。体つきも貧相だったから小・中学校ともロクな想い出もない。高校に入学してから少しでも強くなってやろうと思って空手部に入った。ここでもやっぱり「ホモだ!ホモだ!」ってからかわれたけど、気にせず

冷たい空気

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/29(木) 17:03:42.68 ID:S4gKs7v30私は大学進学のため、鹿児島から京都へ住まいを移した。マンションの駐車場横には墓地があったが、特に気にはしなかった。1年後の夏。学生生活にも慣れ、夏休みを利用して鹿児島に帰省することにした。自分の部屋を出るときに違和感を感じたことを覚えている。が、時間のこともあり、さっさと部屋を後にした。ふたつき

遅すぎる車

810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2008/02/05(火) 23:44:00.12 ID:SfY/2IlkOスピード違反を取り締まっていた巡査は、やたら速度の遅いクルマを発見し、かえって危険なため停止させた。中には80歳くらいの女性が5人乗っていたが、運転していた老婆以外は、みな目を見開き、真っ青な顔色をしていた。運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。今

3人の願い事

85 名前: ななしのいるせいかつ 投稿日: 2005/08/20(土) 01:57:25 一郎と二郎と三郎が海で遭難して無人島に漂着した。 3人は島から容易には脱出出来ないことに気付き、生きていくのに必要な物を探しに各自島を探索しに行った。 3人はそれぞれ食料になりそうな植物や狩りに使えそうな道具を持ち寄った。 その際、長男の一郎は古ぼけたランプも見つけてきた。 汚いランプを拭いていると、突然ランプから煙が出てきて見る間に魔

6週間で3ドル

523 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 17:25:39 ID:dRcSFrrJ0ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。「100ドルほど貸して欲しいんだが」「100ドル、でございますか?」応答した行員は男を一瞥してから言った。「100ドルという少額のご融資ですが、初めてのお客様でございますし、何か担保をお預かりすることになりますが、よろしゅうございますか?」すると紳士は、少し考えてから言った。「そうだな、僕のロールスロ

迷惑な客

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/17(火) 15:40:15.62 ID:W3Y1rLt+0「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。「何かありましたか?」「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席

リコーダーの思い出

85 :名無しさん@恐縮です:2009/09/06(日) 10:37:13 ID:5aoytDLl0オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、 名前書くところが真ん中の筒にあった。 ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、 好きな子とオレのリコーダー の一番上の部分の 「笛 先 を 交 換 し た 」  名前が書いてある場所は そのままだし気付かないだろうと・・・ そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、 交換してから初の音

運転手への仕返し

379 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 19:40:00 ID:Aq8LQ4n40ある男が出張先の町で財布を落としてしまった。帰りの飛行機の チケットは背広の内ポケットに入っていたが、空港まで行く手段が 無かった。男はタクシー乗り場に行き、1台停まっていた車の運転手に 事情を話した。「・・・というわけなんだ。家に戻ったらすぐに金を送るから、空港まで 乗せていってくれないか」するとタクシーの運転手は男を一瞥して