世界的な「肥料危機」も世界経済フォーラムによる「理想の実現」の路線である可能性が濃厚に。とはいえ、確かに私たち人類も食について考え直す時期ではあるとは思います

肥料危機は長く計画されていた もはや食糧危機の懸念は、どうこうなるものではないレベルに達していまして、「食糧危機が来ない」という可能性はほぼなくなっています。 それがどのくらいの規模になるのか、そして … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

世界中の機関と組織が揃って述べる「6ヵ月以内の深刻な食糧危機」。これはリーマンショックやパンデミックと同じ「予告」の模様。そして世界の穀物在庫はすでに危機的な状態であることも判明

ucg.org   多くが予告された後に現実化する今の世界 2008年にリーマンショックというものがありました。私は当時、経済だとかまったく何も知らない人で(今もほとんど知らないですが)、サ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

アメリカの異常な孤立を見て思う、日本を含めた「対ロシア制裁国」の劇的な人口減少の原因は、戦争よりも凍死や餓死によるものになっていくのではという懸念

maxpixel.net   制裁を「拒否」した国家が圧倒的であることを知る 今のウクライナの戦争でとてもはっきりしたことは「アメリカと西側諸国の時代は本当に終わるんだ」ということでした。 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

「当局の無意味な命令に従ったほぼ全員が死亡した」のフレーズに思うこの終末的な崩壊の原因

  自爆の連続 最近、株式市場とか商品市場とか、基本的に「崩壊している」ことが明らかになっています。普通ではない状態に入りつつあります。 米ゼロヘッジは「市場が壊れ始め、いたるところで大虐殺 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….