美しい装飾のある中世のペンダントの中から、聖人の遺骨の破片が発見される

 ドイツのゴミ置き場で中世のペンダンドが発見された。約900年前の、美しい装飾が施された銅のペンダントの中には、宗教的なお宝が隠されていたようだ。

 非破壊検査の一種である「中性子断層撮影法」を使って中身を調べたところ、ペンダンドの中に聖人のものと思われる…