ヨーロッパが、エネルギー救済という名のポンジ・スキームによるリーマン的破綻に突き進んでいる中で思い出す「存在するとは何か」「恐怖とは何か」

ターンオン・チューンイン・ドロップアウト 本題とは全然関係ないのですが、過去記事で何度か取りあげたことがあります、アメリカの作家で投機家のダグ・ケイシーさんの最近のインタビューを今日読んでいました。 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

街灯は消され、レジャーも消え、お湯も配給制、薬もない…ついでに医者もいない…。ドイツの現在の「破綻」の状況を日本もそのうち経験する?

  何もないドイツ いろいろなものが田舎にないことを嘆いている歌を歌っていたのは、吉幾三さんでしたかね。 今日のゼロヘッジで報じられていたドイツの現況はそんなようなこととあまり変わらない感じ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

アメリカの異常な孤立を見て思う、日本を含めた「対ロシア制裁国」の劇的な人口減少の原因は、戦争よりも凍死や餓死によるものになっていくのではという懸念

maxpixel.net   制裁を「拒否」した国家が圧倒的であることを知る 今のウクライナの戦争でとてもはっきりしたことは「アメリカと西側諸国の時代は本当に終わるんだ」ということでした。 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….