アメリカに続き、ウクライナでも上空に「未確認飛行物体が集まり続けている」と国立科学アカデミーがレポートを発表(未査読)。飛行体の速度は最大で時速 5万キロ超とのこと

2020年、ウクライナ・キエフの夜空。 livescience.com   ウクライナ国立科学アカデミーからの報告 最近、何だか「未確認飛行物体」に関しての公式な話題が多くなっています。 少 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

インフルエンザの語源は、ラテン語での「星の影響によって引き起こされる病気」だったことを、スペインかぜを調べる中で今にして知る

  今はラボ由来ばかりですが、本来はすべて宇宙由来 今日、ふと思うところがあり、1918年のスペインかぜ(インフルエンザのパンデミック)のことを調べているときに、アメリカ国立衛生研究所の医学 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

地球は本当に壊れてきちゃっているんだろうか、とか。地球の自転速度の過去最大の上昇、磁場の崩壊、気流の崩壊、海流の崩壊、近隣宇宙の崩壊……を見る中で

  猛暑の中で思う地球の終焉 私自身が、賞とかランキングにまったく関与してこなかった人生であると同様に、たいていの場合、私の住んできた町も、何の特徴もない場所ばかりでした。 今住んでいる、咲 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

地球の生命は宇宙から来たことが確定か:北海道大学やNASAによる国際研究で、最新分析法により「隕石から5種類すべてのDNA・RNAの塩基」が世界で初めて発見され、科学誌ネイチャーに発表される

日本人科学者たちが成し得た偉業 最近は、ロシアの報道を見ることが多いのですが、英語版 RT の記事のひとつを目にした時、「え?」と思い、そして、それを読みまして、「ヤッタ!」というような感慨を覚えまし … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

太陽フレアは大地震を誘発する : 太陽と地震の関係を過去20年のデータ分析から「確定させた」2020年のネイチャーの論文を、黒点活動が過激化している今再び読み返してみる

salon.com   この理論が間違いである確率は10,000分の1以下だと研究者たちは言う 前回、太陽活動についての記事を書かせていただきました。   [記事] やっぱり今の太 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

すべての「星」が音を作りだしているかもしれない。そして、太陽も常に歌を歌っている。しかしその周波数は 528ヘルツ? それとも?

▲ 2015年3月23日の英国ヨーク大学のニュースリリース Have researchers discovered the sound of the stars? より。スーパームーンと皆既日食が同日に起きた直後に今から1週間前に、・スーパームーンと皆既日食が重なった後に続いて「4連続する皆既月食の3回目」の日がユダヤ教の過越祭と共にじきにやって来る 2015年03月18日という記事を書きました。そこでは、昨年 2014年の「ユダヤ教の重要な祭日と皆既月食が重なった」珍しい時..