【M9南海トラフ】「スーパー南海地震」がやってくる…いま、日本の地下で起きている「異常事態」

 過去にも、1703年に相模トラフを震源とする元禄関東地震が起き、4年後に南海トラフを震源とする宝永地震が起きた。今、同時期に発生した2つの異臭が示すのは、西と東の巨大地震が連動してほぼ同時に起きる、「スーパー南海地震」である可能性が高い。  「スーパー南海地震となれば、M9クラスになるのは間違いありません。私の試算では、津波だけでも海に面した場所に住む50万人以上が亡くなるとみられます。 M9「スーパー南

【2035年】「南海トラフ巨大地震」の規則性…高知の漁師が残した記録が物語る「次の発生時期」とは

 南海トラフ地震はいつやってくるのか──。被害の規模が東日本大震災以上にもなると予測される巨大地震の発生時期は今、誰もが知りたいところだ。  高知県室戸岬の北西にある室津港は、過去に起きた南海トラフ地震の前後で、地盤が隆起と沈降を繰り返しているという。そのため江戸時代から、地元漁師たちは港の水深を測る習慣がついていたそうだ。サイエンスライターが解説する。 「南海トラフ巨大地震」には規則性があった!

【言い伝え】南海トラフ巨大地震が起こる「確率80%」その根拠はある一族に伝わる古文書だった

 われわれが繰り返し聞かされてきた、南海トラフ地震の30年以内の発生確率が「70〜80%」という国の予測(80%予測)。それがどう計算されたのかはほとんど知られていない。その確率の根拠が江戸時代に港を管理していた役人の一族に伝わる古文書だと、知り私は驚いた。 「巨大地震が起こる確率80%」の根拠がタンスの古文書って… あぜんとした記者は徹底検証のため高知へ向かった:東京新聞 TOKYO Web 5:ニューノーマルの名

【地震予知】「高層ビルが多い地域や雨の日は巨大地震が少ない」ってマジ?電気的宇宙論と言うメカニズム

 そんな中、海外では「電気的宇宙論」という宇宙・天文現象を電気活動として捉える新理論が登場し、ビッグバン宇宙論に代わる理論として注目されている。電気的宇宙論は惑星科学にも言及していて、地震も電気的活動であることを主張している。今回は、地震を電気活動として見たメカニズムについて説明してみよう。 高層ビルが多い地域や雨の日には巨大地震が少ない!? 「電気的宇宙論」で見えた地震予知の真実 6::2022/07/19

【前触れ】専門家「南海トラフ巨大地震の最終段階」に入ったおそれ…首都圏M8級「3要因」熊本でも震度5弱!能登と不気味な共通点とは

26日午後9時44分ごろ、熊本県美里町で震度5弱の地震があった。1週間前には石川県で最大震度6弱の地震が起きたばかりだが、専門家は首都圏でもマグニチュード(M)8級の大地震が発生する要因が複数あり、南海トラフ地震を引き起こす懸念も「最終段階」の恐れがあるとの見方を示す。 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点(夕刊フジ) – Yahoo!ニ

【大地震】政府「沖縄でM8巨大地震発生のおそれがある。与那国周辺ではM7クラス」

 【東京】有識者で構成する政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大名誉教授)は25日、南西諸島周辺などでの海溝型地震に関する長期評価(第2版)を公表した。南西諸島周辺でマグニチュード(M)8の巨大地震が起きる可能性があると指摘。与那国島周辺では今後30年以内にM7級の地震が起きる確率は「90%以上」と評価した。沖縄本島に近い南西諸島北西沖でも同規模の地震が「60%程度」の確率で発生するとしている

【西日本大震災】2030年代頃に「南海トラフ巨大地震」は確実に起きる…その被害は東日本大震災の10倍レベル

そこで「科学の伝道師」たる鎌田さんの出番である。「南海トラフ巨大地震」では、どこで起きるのかが市民に伝わりにくい。「西日本大震災」と呼ぶことによって、危機感を伝えている。「東日本大震災と同規模の地震。でも被害は10倍」と説明しているそうだ。 東日本大震災を起こした巨大地震は、今から1100年前の869年に東北地方で起きた貞観地震とよく似ている。それだけでなく、1960年以降に日本列島で起きた地震や火山噴火の発

【悲報】南海トラフと首都直下型地震、30年以内の「発生率70%以上」という事実

地震災害 : 防災情報のページ – 内閣府 1:風吹けば名無し:2021/09/12(日) 13:02:25.72 ID:v6krowQQa.net 70%↑らしい どうしたらええんや? マグニチュード(M)9級の南海トラフは、30年以内に70~80%、M7級の首都直下型は30年以内に70%の確率で起きると予測されている。今後30年で交通事故に遭遇して怪我を負ったり、死んだりする確率(1.05%)よりはるかに高い。 被害もすさまじい。南海トラフは、死者行方不明

【地震予測】京大名誉教授「南海トラフ巨大地震は2035±5年で必ず起こる!西日本の太平洋沿岸には、巨大津波が最短3分で到達する」

政府の地震調査委員会は南海トラフ巨大地震の発生確率を「30年以内に70~80%」と発表しているが、京都大学名誉教授の鎌田浩毅氏(火山学)はより具体的に「2035±5年で必ず起こる」と指摘する。 「南海トラフ巨大地震の震源域となり得るのは東海、東南海、南海の3エリアですが、その3エリアで巨大地震が連動する可能性があります。それは1707年の宝永地震以来の大災害です」  地震の規模は最大でM9.1、関東から九州までの広範

【ストーム地震】台風が地震を引き起こす可能性が最新研究で判明か?地震と台風の関連性

 台風と地震。日本を定期的に襲う2大災害だが、実は互いに関係し合っていることが最新の研究で明らかになった。  科学ニュース「Science Alert」(10月18日付)によると、米カリフォルニア州立大学などの研究者が、台風が引き起こす地震の存在を突き止めたというのだ。同大学の地球物理学者Wenyuan Fan氏は次のように語っている。 「我々はそれを“ストーム地震(stormquakes)”と呼んでいます。台風シーズンの間、ハリケー

【直下地震】震度6弱以上の大地震が30年以内に起きる確率がこちら → 「東京 47%」 「水戸 81%」 「福岡 6.2%」

 今後30年間で震度6弱以上の地震に襲われる確率が、公開された「全国地震動予測地図」から見えてきた。AERA2021年6月7日号では、巨大地震の「発生確率」と過去5年半の「地震回数」を徹底調査。自分の住む地域の将来の「確率」と、これまで揺れた「回数」からリスクを把握し、いつか来る大地震に備える必要がある。確率は低くても安心できない。 震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%、福岡6.2%…専門家「安心でき

【3.11の30倍】「南海トラフ巨大地震」の予兆あり!複数が連動すれば「M10」規模

 今年に入り、その予兆があるという。例えば、2月1日に徳島県北部、同18日には愛知県西部、3月15日に和歌山県北部、4月5日に静岡県西部と太平洋側を震源とする震度3や5弱の地震が相次いだ。ほかに日向灘や紀伊水道、三重県南部でも地震が続いている。高橋特任教授は「これらは南海トラフ地震の予兆と見ていい」と話す。  また、フィリピン海プレートと北米プレートの境界には、1923年の関東大震災を引き起こしたとされる「相模

【地震予知】東大名誉教授「GW中は北海道、東北、関東甲信越、九州で大地震の警戒が必要」

地震の前兆を捉える|MEGA地震予測 – 東京大学名誉教授 村井俊治 解析  福島、宮城、和歌山、広島……今年に入ってから全国各地で大きな揺れが相次いでいる。その危険をピンポイントで予測し、警鐘を鳴らしていたのが「MEGA地震予測」を主宰する村井俊治・東大名誉教授だ。 予測的中の「MEGA地震予測」 GW中に要警戒の全国5エリア(NEWSポストセブン) – Yahoo!ニュース 予測的中の「 #MEGA地震予測 」 GW中に要警戒の全

【警戒】ニュージーランドで連発したM8クラスの大地震…教授「プレートは日本の兄弟分」「バヌアツの法則っていう都市伝説がある」

Latest Earthquakes  立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は「11年当時も南太平洋のバヌアツ周辺で地震があると日本でも起きる『バヌアツの法則』という都市伝説がささやかれた。近年、口永良部島の火山活動やフィリピンの地震など太平洋プレートの動きが活発化しており、日本も注意すべきだ」と指摘する。 NZ沖で「M8級」連発 日本の大地震との関連は… 11年クライストチャーチで発生の翌月東日

【地震予知】東北南部で「最大M7.2」の地震の前兆あり!民間企業が「地震予報」発表…地電流などに異常か

ブレイン地震予報  福島県沖で13日にマグニチュード(M)7・3、最大震度6強の地震があったが、地震予報サービスを提供する企業が新たに「東北地方南部(同沖)でM5・8~7・2、最大震度5強~6強の地震の前兆がみられる」と発表した。  「ブレイン地震予報」は、地球内部を流れる電流(地電流)や低周波音などの観測データを元に地震予報を行っている。 東北南部で最大M7級の地震の前兆か 民間企業が「地震予

【西日本大震災】教授「被害は東日本大震災の10倍を超えます」…2030~40年に想定される南海トラフ巨大地震は確実に起きる

次の巨大地震はいつ、どこで起きるのか。京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授は「2030~40年に、西日本の太平洋沖の『南海トラフ』で発生することが複数のデータから予測されている」という——。 「被害は東日本大震災の10倍超」2030~40年に想定される西日本大震災という時限爆弾 南海トラフ巨大地震は確実に起きる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 2:名無しのひみつ:2021/02/21(日) 16:41:07.03

【南海トラフ】大地震が連動してしまう「スーパー南海地震」が間近か…M8クラスの地震が立て続けに何度も発生します

 いま、日本列島の下で大地震を引き起こすと予想されているのが、フィリピン海プレートです。このプレートの境界には『南海トラフ』と『相模トラフ』と呼ばれる震源域があり、それぞれが巨大地震を引き起こす可能性がたびたび指摘されてきました。最悪なのは、この2つが連動すること。それが『スーパー南海地震』です。  被害は太平洋側の茨城県から沖縄県あたりまで広範囲に及ぶ。マグニチュード(以下M)8.5クラスの超巨大地

【大地震】最近地震が少ない?嵐の前の静けさ…専門家が2021年の「巨大地震」を予測!

地震の前兆を捉える|MEGA地震予測 – 東京大学名誉教授 村井俊治 解析 ’21年は日本列島に激震が走る!? 長年懸念されている「南海トラフ」「首都直下型地震」の兆候は出ているのか? 今もっとも危険な地域はいったいどこなのか? 逃げ場のないコロナ禍のニッポンで、我々が生き延びる術とは? 長年懸念されている「南海トラフ」地震は起こるのか? 2021年の巨大地震を専門家が予測(HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニ

【MEGA地震予測】首都圏がヤバい!過去最大級の異常変動…関東大震災の震源地で前例のない動きを観測

首都圏が“危険水域”に 【1】首都圏・東海警戒ゾーン  山梨県にある電子基準点「小菅A」で8.26cm、静岡県にある「大仁」で7.25cmの異常変動が観測されたほか、東京から静岡にかけて異常変動が集中している。村井氏が解説する。 MEGA地震予測で過去最大級の異常変動 5つの危険ゾーン(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース 今日発売の「週刊ポスト」中秋のスペシャル合併号に「MEGA地震予測」(関東大震災M7.9の震源

【異常行動】動物の第六感を使った「地震予知」に初成功!科学がオカルトを証明

歴史上、動物の異常行動と地震を結び付けた多くの記録がある 動物の異常行動と地震の発生をはじめて科学的に検証され強い関連性が示された 動物の異常行動がはじまる時間と震源地からの距離の関係を利用して人類初の生物学的地震予知に成功した 動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学がオカルトを証明する | ナゾロジー 9:不要不急の名無しさん:2020/07/08(水) 08:09:30.72 ID:+4xO2kim0.net オカルト