「目的が世界の人口を減らすことだった場合、それは機能しています」:査読付み論文を600以上発表している世界的な心臓専門医がワクチンを語る

  完ぺきなワクチンを学んだこの二年間 今回のタイトルの「目的が世界の人口を減らすことだった場合…」のフレーズは、最近の米エポックタイムズの記事のアメリカの内科医であり心臓専門医であるピータ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

永遠のコロナ感染社会、そして永遠の医療崩壊社会。この原因はコロナではなく単なる人的要素。つまり人災

  医療崩壊の間際で 今日(7月20日)は、日本の多くの県で、過去最大のコロナ感染確認が記録されたことが報じられていまして、日本全体の感染確認数も 15万人超えで過去最多、となったようです。 … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

接種者だけのパンデミック

  なぜこうなったかを普通に考えてみましょう あっという間に、 1日あたりの感染確認数が「過去最大を更新」した日本ですが、 「なんでこうなった?」 ということを、そろそろ本気で考えないと、こ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

リュウゼツランが日本中で開花する中、「悪の三点セット」が社会を蝕んでいく。たとえば、梅毒はなぜ増えているのか……とか(答えはスパイクタンパク質)

  50年に1度の開花事象が連続で発生中 この2週間ほど、日本各地で、「リュウゼツラン」という植物が開花しまくっています。 このリュウゼツランというのは、品種や気候により差はあるでしょうけれ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

サル痘ウイルスは「感染力を保持したままエアロゾル化して浮遊する」ことを示す過去の論文。そして、今後の問題となるのは、またもウイルスそのものではなく「ワクチン」かも

サル痘のヒトからヒトの二次感染はエアロゾル化による空中伝播 サル痘が出現して以来、報道では、感染経路として「濃厚な接触」だとか、あるいは「性的接触」だとかいう表現が多く見られていますが、 「それだとこ … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….

若い年代が最も犠牲になっていることが次第に明らかに。英国の公式統計ではワクチン接種した14歳以下の子どもの死亡率は、未接種の子どもの「5000パーセント」に達する

スコットランドでまた起きている新生児と乳児の死亡の急上昇 最近、以下の記事で、これからの世界の赤ちゃんと乳幼児たちについての懸念を、ある意味で曖昧に書かせていただきました。具体的に書いて楽しい話ではな … Copyright © 2022 In Deep All Rights Reserved….