ハンガリー伝統の祭り、着ぐるみモンスターで街中をパレードする「ブショーヤーラーシュ」

Busojaras_(Mohacs),_2009

 「恐ろしい化け物の仮装をする」といえば、10月31日のハロウィーン。元々はケルトの収穫祭であり、死者の霊が家族を訪ねてくるのだ。

 しかし、その際に悪霊も一緒について来てしまうので、脅かして追い払う、あるいは仲間のフリをして身を守る、というのが仮装の由来と言われている。可愛い仮装では本来はダメなのである。

 さて、ハンガリーのモハーチという町には、同じようにモンスターの仮装をして町を練り歩く祭りがある。ただし、こちらは2月に行われるのだ。

 そして、この祭りにも、「怖い」モンスターの仮装をする理由が存在するのである。

続きはこちら

不思議グッズはこちら