【鹿児島】新燃岳の「火山ガス」が急増…2011年のマグマ噴火の時以来

screenshot_2017-10-16_201-54-10-12624.jpeg
Twitterより

 噴火活動を続けている宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)について、気象庁は15日、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が急増し、爆発的噴火が発生する可能性があるとして、警戒範囲を火口の「おおむね2キロ」から「同3キロ」に拡大した。

 噴火警戒レベル3(入山規制)は維持し、大きな噴石や火砕流への警戒を呼びかけている。宮崎県などによると、3キロ圏内には民家はないという。

新燃岳で火山ガス急増、警戒範囲3キロに拡大 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



4:名無しさん@1周年:2017/10/15(日) 21:17:42.70 ID:IbceRyHx0.net
ここからが本番だ
8:名無しさん@1周年:2017/10/15(日) 21:21:41.55 ID:NDG8+0T80.net
始まるのか

続きはこちら

不思議グッズはこちら