メキシコで多くの命を救ったのは海軍救助犬部隊の勇敢なラブラドールだった

top

 今年9月7日、マグニチュード8.2の地震がメキシコ、オアハカ州を襲った。さらに19日、マグニチュード7.1の地震が再度発生、死者は270名以上にのぼる。そこに追い打ちをかけるように23日、同国南部のオアハカ州にマグニチュード6.1の地震が新たに発生、幾重もの悲劇に見舞われたメキシコでは警戒を強めながらの救助活動が進められている。

 メキシコシティでは15匹の海軍救助犬部隊所属の救助犬が懸命な捜索活動にあたっている。だがその中でひと際目立った活躍をしている犬がいる。

 7歳のラブラドールレトリバー、フリーダである。既に52名を発見した彼女の活躍には、メキシコ国内のみならず海外からも賞賛の声が寄せられている。

続きはこちら

不思議グッズはこちら