動物たちを見て忘れかけていた優しさと寛容さを取り戻そうとする動きが出始めた

top

 たいていの人間はなんらかの形で社会とつながりをもって暮らしている。一人だけで生きてるつもりでも、確実に誰かの手を借りて生かされているのだ。

 連日殺伐としたニュースが流れてくる。人々に怒りや憤りを提供し、正義感を煽って第三者を責め立てるようなそんなニュースも多い。正義はカジュアルな娯楽になりつつある。

 社会正義の名のもとに徹底的に叩くという行為が毎日繰り広げられている。自分に被害の及ばない場所から、時に個人的な不快感を正義にのせて叩きまくる。正義の快楽は麻薬だ。新たなる義憤を求め、安全圏から正義の制裁ができるニュースを探し続ける。

 みんな自分のことは見えていない。絶対的正義なんて存在しないものに固執していると、社会はどんどんギスギスしてきて人々から寛容さを奪い取る。

 寛容さが失われた社会で果たして犯罪は減るのだろうか?

 思いやりやあたたかみのない報道が増えるなか、近ごろ海外のSNSでは、人々が忘れかけていた優しさを再び取り戻せるような、動物にまつわる画像が頻繁にシェアされている。

続きはこちら

不思議グッズはこちら