いまだ生きている、アメリカの10人の暗殺者とそのストーリー

6_e0

 暗殺はアメリカ文化の中にどっぷり根づいているようだ。

 ケネディ大統領を筆頭に、歴代の大統領が暗殺の対象になってきたし、政治家だけでなく、市民権運動の中心人物からスポーツ選手、アーティストなど、あらゆる人間がターゲットになっている。

 アメリカの暗殺の場合、たいてい暗殺者も最後には死の運命が待っている。リー・ハーヴェイ・オズワルドはジャック・ルビーに撃たれ、ジョン・ウィルクス・ブースは、騎兵隊に銃撃されて死んだ。

 だが、こうしたジンクスは必ずしもいつも同じというわけではない。ときに暗殺者が死を迎えることなく長らえていることもある。

 ここでは現在も生きているアメリカの10人の暗殺者を見ていこう。

続きはこちら

不思議グッズはこちら