イギリスのスーパーマーケットを自主警護していた名物猫が永眠、その姿を残すべく銅像が設置される

net] (1)
 
 自主的に毎日のようにスーパーマーケットに出勤し、店内を警護する猫たちがいる。居心地の良い一角に鎮座し、買い物する客を眺めたり時折撫でてもらったり、名物猫として地元の人々に愛される猫たち。

 かつてイギリス・デボン州のテスコに勤務するマンゴさんの様子はお伝えしたかと思うが、他にもいたようだ。

 同じくイギリス、ウェールズのフリントシャーにあるスーパーマーケットで買い物客から愛されていた猫がいた。名をブルータスという。ブルータス、おまえもか!ってやつだ。

 ブルータスはモリソンズというスーパーマーケットに6年間毎日通勤しては、店内の警護に当たっていたが、その猫生の幕を今年の1月16日に閉じた。

続きはこちら

不思議グッズはこちら