『哲学的ゾンビ』『世界5分前仮説』←有り得ないと解りつつ不安になるよな

「哲学的ゾンビ」 「世界5分前仮説


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/08(水) 22:23:45.548 ID:au9GnsDJ0.net
下手なホラーより怖いわ

哲学的ゾンビ

哲学的ゾンビまたは単にゾンビとは、心の哲学で使われる言葉である。

物理的化学的電気的反応としては、普通の人間と全く同じであるが、意識(クオリア)を全く持っていない人間」と定義される。 デイヴィッド・チャーマーズが1990年代にクオリアの説明に用いた思考実験であり心の哲学者たちの間で有名になった。

ホラー映画に出てくるゾンビと区別するために、現象ゾンビとも呼ばれる。おもに性質二元論(または中立一元論)の立場から物理主義(または唯物論)の立場を攻撃する際に用いられる。ゾンビの概念を用いて物理主義を批判するこの論証のことをゾンビ論法(Zombie Argument)、または想像可能性論法と呼ぶ。
wiki-哲学的ゾンビ-より引用

世界五分前仮説

世界五分前仮説とは、「世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という仮説のこと。

この仮説は確実に否定する事(つまり世界は5分前に出来たのではない、ひいては過去というものが存在すると示す事)が不可能なため、「知識とはいったい何なのか?」という根源的な問いへと繋がっていく。

たとえば5分以上前の記憶がある事は何の反証にもならない。なぜなら偽の記憶を植えつけられた状態で、5分前に世界が始まったのかもしれないからだ。

wiki-世界五分前仮説-より引用




続きはこちら

不思議グッズはこちら