スペインの異端審問で異端者が強制的に着せられたこっぱずかしい服

0_e

 15~18世紀のスペインでは、カトリック教会において正統信仰に反する教えを持つ(異端である)という疑いを受けた者を裁判するための異端審問が設けられていた。

 カトリック教会のリーダーたちにとって、異端者をいたぶることが残酷な楽しみのひとつになっていた。

 3000~5000人の人たちが、魔術を使ったであるとか、ユダヤ人やフリーメイソン、同性愛者であるととか、教会に反するという様々な口実で処刑された。

 恐ろしい拷問や処刑がなされたのはもちろん、異端者認定された人々は、屈辱を与えられるような恥ずかしい服を着せられたのだ。

続きはこちら

不思議グッズはこちら