指名手配犯を捕まえるため、毎週「通報ビンゴ」ゲームを開催するアメリカの警察。実際に効果が出ている件

00_e1

 アメリカ・テネシー州サリバン郡保安官事務所は、指名手配中の容疑者を捕まえるのに、ユニークなやり方を考えついたことで有名になった。

 昨年末より、毎週、"通報ビンゴ"というゲームを製作しているのだ。指名手配犯たちに数字の入ったボールを割り振り、おみくじよろしくそれをランダムに選んで、勝者(指名手配犯)を選ぶというものだ。

 こうして注目を集めることで、勝者(指名手配犯)の通報率が上がることを期待している。で、実際に効果があったというから驚きだ。
 

続きはこちら

不思議グッズはこちら