死者12,000人以上…1952年のロンドンスモッグ、パニックの5日間に起きた事



ロンドンスモッグ

1952年12月5日、ロンドンスモッグ…これは、ロンドンで有害な霧が発生した公害事件です。

wikiによる説明では次の通り。
ロンドンスモッグとは、1952年にイングランド・ロンドンで発生し、1万人以上が死亡した、史上最悪規模の大気汚染による公害事件である。現代の公害運動や環境運動に大きな影響を与えた。原因は石炭によるSOxを中心とする面で、日本の四日市ぜんそくと汚染の内容が共通している。

ロンドンは冬に濃い霧が発生する事で知られているが、19世紀以降の産業革命と石炭燃料の利用により、石炭を燃やした後の煙やすすが霧に混じって地表に滞留し、スモッグと呼ばれる現象を起こして呼吸器疾患など多くの健康被害を出していた。1950年代までの100年間にも10回ほどの大きなスモッグがあったが、その中でもっとも健康被害が大きくなったのが1952年である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロンドンスモッグ

このとき多数の死者が出て、首都機能は麻痺し、ロンドンはパニックになりました。今回は、恐ろしいロンドンスモッグの5日間に起こったことを紹介します。



1. 霧で死者12,000人以上を出した

Nelson's Column during the Great Smog of 1952

1952年12月にロンドンを襲った霧は、通常のものではありません。霧は有毒なものだったので、気管支炎や肺炎などの健康上の被害も発生しました。当初、死者は4,000人となっていましたが、最近の調査で12,000人だったことが判明しています。



続きを読む

最強のパワーグッズは何?