母親を交通事故で失い孤児となった赤ちゃん鹿。親代わりになってくれた人間にべったり甘える

孤児となった鹿は保護してくれた人間にぺっとり甘える
 交通事故で車にひかれてしまった母鹿に寄り添っていたのはまだ幼い赤ちゃん鹿だった。発見した男性は地元の野生動物局に連絡したのだが、コロナ禍で引き取る余裕がないと言われた。

 そこで男性は、鹿が一人前になるまで自分が保護し、育てることに。鹿は男性に対し親のような感情が芽生えたのか、男性のそばを常に離れない。男性もそんな鹿を我が子のようにかわいがっている。 続きを読む

最強のパワーグッズは何?